ただいま移行中につきメイン画像が表示されておりません。また若干使い勝手が悪いかと思いますが、近く直しますのでお許しください…

エアチケットは「人がいかない時期」だと非常に安くなりますが…

25930258_s
写真(C)androver / 123RF ストックフォト

やっと戻ってきてはいますが、自粛ムード続く韓国

政治的な問題も長引いていますが、残念なことにフェリーでの海難事故が起こってしまい、韓国ではその事件の陰惨さもあり、しばらく歌舞音曲さえもが控えられていました。現在は徐々にバラエティから順に解禁されてはいますが、この時期観光熱も全体に一気に醒めていたのがソウル市内も含めての状況ではないでしょうか。

韓国以外ではタイもエアチケットが今安いです


広告

他の国の話ですが、タイも政治的な混迷になっていたためか、現在はここ数年でも最安レベルのかなり安価な航空券も出回っているようです。やはり韓国も同じような状況で、政治+さらに事故による国内旅行産業の混迷・自粛傾向によって昨年以降冬に相場の下がる航空券が、春になってもまだキャンペーン等と称して往復数千円レベルのままで出回っています。特にLCC(ピーチや済州航空等)ではほぼ常設で出ているような状態です。大手旅行代理店の目玉ツアー等でも1万行かないものが出ていたりしますが(これらは韓国観光公社等のタイアップによる廉価化もあるようです)…。

個人経営が多い韓国は観光依存しないと厳しい

はしゃがないで哀悼の意も込めて出かけていくぶんには、観光産業の人たちは「こんな時期によく来てくれました」ととても感謝をしてくれると思います。なぜなら、財閥系以外の会社はほとんどが零細・個人企業であり、それの多くが観光産業に依存しているので、あちらの人は正直人がこないと庶民レベルでは生活が成り立たなくなるのです。強がってはいますが、経済的にはだんだんと厳しくなっているかと。

中国人は、韓国のカジノに入れあげています!

ちなみに、よく日本のメディアで報道されるのが「観光客は日本人が減って中国人が増えた」みたいなことですが、確かに増えてはいますが、日本人が皆無になったわけではありません。日本人のリピート率は他国を上回り64.3%です。そもそも、韓国までわざわざ行く人達は多くがリピーターおよび本当に好きな人のため、マスコミの煽りほど減ってはいないのです。ただやはりカジノ等は中国人の方が本当に増えているようで、マカオでいままでやっていたあの手の鉄火場大好きな人たちが韓国までもやっていきている模様です。そのためカジノに限ってはバブルになっているという報道も出ておりました。中国の人はお金を落とさない…と外食産業の方々は嘆いていましたが、どっこいギャンブルは大好きなのですね。まあそんな話はさておき。

いつもの予算よりもまったく安くすみます

友達等をつれていくなど、周りの人を巻き込むと「なんでこの時期に」みたいなことを言われるかもしれませんが、一人旅もそれはそれでありかと(安全には気をつけて、夜間は単独外出しないで頂きたいですが)。いま、とにかく飛行機は安いので、本当に好きな人なら通常の1/4くらいの予算で旅行できるチャンスです、週末等の逃避行にでも出かけてみてはいいのではないでしょうか。


広告

ついにDeNAトラベルは当日チケットも取れるように!

ちなみに、当日出発したいという場合は激安チケットにはならないかと思いますが、旧スカイゲートの「DeNAトラベル」が当日チケットまで取れるようになりましたので、マジで急に行きたくなっても、それで飛行機とってそのままそこか楽天トラベルでオンラインで当日の宿を予約すれば、当日数時間前でも韓国行けるようになりました。。