「2016-2018韓国訪問の年」Kトラベルバス(全国を巡るバス)、Kツアーカード(ICカード乗車券)などを実施


広告

kr_jp_
財団法人韓国訪問委員会は記者懇談会を18日にソウル市内で開き、昨年は1420万人、今年はMERSの影響で1400万人程度にとどまると予想されている外国人観光客の訪問数を「2016-2018韓国訪問の年」を迎えるにあたり、17年までに年間2000万人へ前倒しして伸ばすと発表した。
 そのため、旅行客には全国を見て回ることができる「Kトラベルバス」、外国人専用IC乗車券「Kツアーカード」などを出す予定。日本でも訪日観光客用にお得なパスやSUICAが発行されているが「Kツアーカード」はそれみたいなものになるのだろうか? いずれにしても、チェックしておいたほうがいいだろう。状況が判明次第、当サイトでもお伝えしていきたい。
 また、個人旅行客の誘致拡大、リピーター確保、官民一体の刊行キャンペーン、(18年の)平昌冬期オリンピックによる地方観光改善と4つを推進戦略として挙げている。
 韓国は通常韓国観光公社が先導してPRをしているが、観光庁設立の必要性も主張したそうだ。
詳細はこちらにリリースあり。


広告