チェジュ航空側のSEO施策の失敗(韓国語版ページからのいったんハングルが表示されたあとの日本語表示が原因か)とGoogle検索順位変動により、チェジュ航空のホームページが見つかりづらくなっている。

チェジュ航空は、昨年のOrange Fly Day以降に改修され、ホームページが基本「韓国語版」でいったんわずかに表示され、その後翻訳版で日本語に切り替わるようになっている。

そのため、googleには「韓国語サイト」と認識されてしまうようで、検索しても
cheju

このように表示されてしまう。(真ん中のハングルがそう)

また現在Googleはまた検索順位を変動させているようで、「チェジュ航空」で検索した場合、この表示順位はGoogleアカウントログイン・非ログインなどパーソナライズによって変動するのだが、私のところでは(広告での表示では一番上にあるが)公式サイトは7番目に出てくる(追記:投稿日17ー18時頃検索が切り替わり、googleではjp.jejuair.netが1位表示されるようになった)。ただYahoo!も同じGoogleのエンジンを利用しているのであまり変わりはないのだが(こちらも広告での表示は一番上にあるが)こちらは、知恵袋やYahoo!ニュースでの項目も出ることから、9番目に表示が落ちている(こちらは18時現在変わらず)。

Orange Fly Dayでの長時間サーバ落ちもあり、検索順位にはなんらかのペナルティがかかっているのかもしれない。それにしてもチェジュ航空には日本語で最初から表示されるような仕組み(検索エンジンに正しく情報が伝わる仕組み)へ次は変更してもらいたいものだ。제주항공としか表示されてないと、日本人には伝わらないので。

 

【PR】台湾・韓国で高速LTEで容量無制限が480円!  

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...