asiana

急に休みがとれたり、もうなんだかすぐに外国に行きたい、そんな時はあると思います。ツアーだと物理的に時間がないので、その場合は、自由手配で行きましょう。
実はそんなときはノービザな韓国が超便利!予算は飛行機で3−5万、宿で1(安宿)−3万(そこそこキレイな所)程度というところでしょうか。これはギリギリだからそうなるというだけで、時間があれば、たとえば冬場だとキャンペーンで1万を切る飛行機が出るケースもあり、この半額以下での渡航は可能です。

たとえば午後に思い立っても、予約がとれればその日の夜便・深夜便でも、まあ6万以上あれば、すぐにイケるわけです。飛行機あるいは船(と船までの交通機関)、あとは宿の2つを押さえましょう。

ちなみに韓国は、パスポート切れまで半年切るとNGですよ!注意!

<飛行機>



1、当日まで
denatravel

DeNAトラベル(旧スカイゲート)前日16:00当日最短2時間前(※)(※=チェックインの2時間前 ただし空港のチェックインも通常約2時間前が目安なので都合4時間前にはほぼ閉められるということです。間に合いそうか、空港へのルート等事前確認の上で買うこと)まで航空券が取れます。押さえたらプリントアウトを忘れずに!(間際購入でEチケットの印刷が無理な場合はeチケット番号を控えるか、スマホの利用を。当然直前なので狙った便が取れないということもあります。

1−2 大韓航空アシアナ航空では当日でも割引運賃の航空券を出しています。たいして安くはないですが、それでも4〜6万円台程度で往復できます。航空会社の公式サイトから予約して、空港で受け取ります。高いといえば高いですが、マイルもフルでたまりますし、午前中まで会社にいたのにもう夜には韓国みたいなのって、遅れてきたバブル的な感じでいいじゃないですか。

1−3 チェジュ航空など格安航空会社(LCC)の中にも当日チケット手配可能なところがあります(ただしチェジュ航空は空港窓口でも言われましたが、すべてWeb予約のみです。予約取れてない場合はあわてて、空港でWebに接続しなおしたりして)。これなら、(需要予測変動料金のため)時期によりますが、かなり格安な運賃で渡韓できますね。※韓国系の会社のサイトはインターネットエクスプローラーを基本に作成されていますので、他のブラウザを利用している方は注意して下さい。

イーナトラベルなど国内の代理店でも、オンラインチケットを取ることは可能です。
海外格安航空券ena(イーナ)

1−4 海を行く方法です。関西圏下関福岡ならフェリーで行く手があります。ここまでの単なる長距離フェリーと、福岡からプサンの間に出ている高速フェリー(JR九州。未来高速と共同運行)とがあります(他社もある)。長距離フェリーは意外と予約スケジュールがシビアだったりするので注意してください。福岡からのJRのフェリーなら博多まで新幹線に行って、そこからタクシーで移動して乗ることも可能ですね。ただ、わりと早い時間で最終になってしまうので、これは当日は福岡泊、中洲の屋台で飲んで翌朝行くなんていうのがいいかもしれません。Webから予約できます。僕の場合これで釜山に上陸してしばらく遊んだ後そのままKTX(韓国の新幹線)のチケットを買い、ソウルへ終電頃の着、なんていうこともやってます。

<宿>



1、楽天トラベル、エクスペディア等がリアルタイムで取れるので一番おすすめです。韓国の宿は一部オンライン化が進んでいないところがあるので、予約サイトによっては問合せしてメールで返事が来るみたいなところもあります。すぐに取れるところで手配してしまいましょう。おすすめは、キッチン等もついているレジデンスタイプのものです(簡単な調理も出来て便利)。
Expediaのソウルのホテル特集はこちら。
365日【最低価格保証】ソウルのおすすめホテル☆

2、ホテルがどこもダメな場合ですがサウナ(チムジルバン)に泊まってしまうという手があります。ロッカーに入るサイズの旅行バッグにするのがコツです。ただ、仮眠しても落ち着かないとか、いびきがうるさくて眠れないとかもあるので、その点注意しましょう。眠れなかった場合は2日目以降の宿を現地からネットで楽天トラベル等で取ってしまうのも手です。

<帰りの航空券>



韓国は片道だけだと本来は入国できない場合もあることになっています(僕もたまに片道のみでの入国をやるんですが、ドキドキしますので念のため船ないし別の航空会社の飛行機を予約はしておきます。「予備」なので、あまり値のはらない福岡までの等)。実際は片道が船、片道飛行機等ルートが違う場合はそんなにはうるさくないですが、航空会社によってはチケット見せろとかうるさい場合もあります。一応できるだけ帰りの券も行きの時にセットで買うことをオススメします。もし片道で韓国に入ってしまった場合は、ネットに接続し(※海外パケホやWi-Fiじゃないと目が飛び出るほど高くなるので注意!)帰りの券は現地からオンライン予約することができますが、問題は韓国内では韓国語サイトからの予約となるケースが多く、国民番号の入力欄や通知用の電話番号の入力欄で難儀します。わりと韓国リピート上級じゃなければ、ちゃんと往復とっておいたほうがいいですね。

どうにも取れない、あるいは乗り遅れとかやってしまった場合は、JCBユーザー限定になりますが、現地でソウル・ロッテホテルにあるJCBプラザによると、隣にある韓国系の航空券会社のチケットを日本語で手配できます(最悪、電話で番号を出してもらうことも可)。乗り遅れてとりなおす場合などに重宝しますね!(※プリントが出せなくても、予約のチケット番号があれば発券はできます)。または町中や空港にある旅行会社等で、翌日以降の片道を頑張って発券してみるなどしてみてください。乗り遅れ系ならHISのアウトバウンド支店なども割高では有りますが、相談には値するかもしれません。
ちなみに長年営業している、日本では聞き慣れない名前の某日本語の堪能な旅行社もいいんですけど統一協会系なのでなかなか僕は個人情報を預けたいとは思わないんですよね。。多分リピーターも多いので問題ないとは思うんですけど。
 

<現地のオカネ>


韓国では路上の屋台でなければ、わりと小規模な個人店でもほとんどのお店でクレジットカードが利用可能です。海外で使えるクレジットカードでキャッシング(裏面にシーラスまたはPLUSマークのあるもの)、あるいは同様の海外用マークのある銀行カード(ないものは使えないので注意!)ならば、現地のATMでも下ろせます。最悪そんなには現金なくても大丈夫〜。また、空港、ホテルの他にもカジノでも両替できます。日中なら明洞・南大門付近にも大量の両替商や違法の路上両替おばちゃんがいます。銀行でも両替できます(円を見せれば適当に案内されます)。

注意事項:
1、海外カードは銀行ATMの場合、しょぼいCD機では使えません。一番充実している機種(ATMが5−6台並んでいる中で1つくらい)のみが対応していることが多いです。GROBAL ATMや、VISA、マスターのマークが書いてあることが多いです。日本語メニューがある場合が多いです。

2、コンビニはチェーン店や店舗によって入っているATMが違うため、中には海外用のキャッシングや海外用の銀行カード等使えないことがあります。その場合は焦らず別のお店へ!ちなみに地下鉄付近に行くと、小規模なATMもある場合があります。

3、カジノのATMも大概1つの業者しか入ってないのでカードによって使えたり使えなかったりします。注意!

カジノで負けたり使い過ぎたりして、帰国前にオカネが不足しないように気をつけましょう!

<現地の移動手段>


空港からホテルまでは、空港鉄道と地下鉄(こちらなら数百円で済みます)で移動するか、リムジンバスに乗るか、タクシーとなります。タクシーの場合は空港から市内中心部まで6−7千円(今はレート悪くなってるからもっと高いかも)相当くらいは覚悟しておきましょう。
市内の移動の場合は逆にタクシーのほうが、初乗りも安い(300−400円相当くらい)し、景色も堪能できたりして都合がいいかもしれません…。なぜなら日本と同じで地下鉄文化が多いソウルだと、上下の階段ばっかりで、若いうちはいいんですけど、少し年配になってきたりすると辛いんですよね。若いなら地下鉄でも可。

 

【PR】台湾・韓国で高速LTEで容量無制限が480円!  

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...