【深夜便に便利】仁川国際空港にウォーカーヒルホテル系のカプセルホテルができた!下手なホテルより快適

darakhyu
DARAKHYU(ダラク・ヒュー)というカプセルホテルが、2017/1/20に仁川空港の交通センター1Fにオープンしました。乗り継ぎ・深夜便利用客へのサービス向上の一環ということです。しかしカプセルといっても、CJフードビル+ウォーカーヒルプロデュースだけあって日本的なあの狭いやつではなく、どちらかというとファーストキャビン的な個室となっています(しかもドアが閉まる!)

深夜便での到着後、寝るのに便利!


広告

客室は4種、合計60室。シングルベッド、シングルベッド+シャワー、ダブルベッド、ダブルベッド+シャワー。
※シャワーのない部屋も別途共用シャワーあり(シャンプー・ボディシャンプー装備)※タオルは客室にあり。
時間7,700ウォン~12,000ウォン(付加価値税込み)利用時間3時間単位。
※価格はサイトによってさまざまな表記がされており、厳密にはHPで確認してください。
1人部屋(6.3㎡)、2人部屋(9.6㎡)で価格が異なる。
追加料金は1時間4000ウォン。
※デイユース(8-20時)は最大9時間。
※デイユースの時間範囲外の拡大利用は、オーバーナイトの価格を適用。
※オーバーナイト(21-翌7時)の時間追加要請は当日の客室状況によるため、現場でのみ可能。

最新の設備はスマホアプリ対応! ビジネスセンターもあり便利

設備として冷暖房のほか、無線インターネット、Bluetoothスピーカーあり。室内は騒音遮断システムで40デシベル以下に抑えられている。荷物は客室内保管スペースに保管できるほか、大きい荷物はフロントに言えば別に保管スペースの案内を受けられる。
キーレスシステム。IoT(モノのインターネット化)に対応し、スマホアプリで予約・チェックイン・チェックアウト・照明・温度調整が行えるようになる予定。(当初は違うようで、HPからの予約となる)
他、1Fロビーラウンジにビジネスセンターがある(7時から24時)ネット、プリント、FAX、スキャンなどができるので、仕事などにも便利。
夜中きっちり寝る人なら、ソウル市内まで移動しなくても、仁川市(空港)で寝て、それから行動というのもありかもしれませんね!
HP:https://www.walkerhill.com/capsulehotel/


広告