年末年始の韓国旅行予約ラッシュ到来、ツアーを卒業して航空券+ホテル(ダイナミックツアーともいう)で旅行に行くすすめ

ギリギリでも取れる韓国旅行は、自力での「航空機」+「ホテル」の組み合わせ

a0035_000038
年末年始の旅行予約のラッシュが到来しており、当サイトからもほぼ毎日なんらかの商品が売れていく状態です。クリスマス、冬期休暇で年末年始あたりに旅行に行かれる方が多いのでしょう。また、世間一般の方々はボーナスが出ているということも大きいのでしょうね。
今年はMERSと政治的な問題の長引きなどで、日韓間はあまり行き来が多くなかった年だと思います、一方で、キャンペーンが多数行われ、廉価な飛行機やツアーが多数開催されました。ただでさえ(LCC利用で)片道9,800円で行ける外国と言われている韓国ですが、それより安く行けた人も多かったかも? 韓国好きの人は控えることなく行くべき年だったとも言えるでしょう。
年末年始旅行代理店でツアー手配するよりもおすすめなのは、「飛行機」と「ホテル」の2つをネットでそれぞれ押さえてしまうことです(最初にどうしてもツアーガイドが必要な場合は、ツアーで行くことは止めませんが、お土産や立ち寄りが多くていまいちなんですよね。バラバラで取っても、オプショナルツアーをつける、という手があるので、困らないのです)あとは空港からホテルですが、タクシー、空港からのリムジンバス、ホテルからの送迎(一部)、地下鉄・空港鉄道(AREX)のいずれかを利用すればいいわけで…。

間違いのないサイトは以下の3つ。管理人も毎回買っています

そういうバラバラな「飛行機」と「ホテル」を買うにはどうしたらいいのか。
おすすめなのは、DeNAトラベルまたは楽天トラベルExpediaでしょうか(Expediaは海外現地対応に期待しないほうがいいですが)。

無難なのはDeNAトラベル(旧スカイゲート)

dena
DeNAの場合は、【DeNA】海外ツアー(ダイナミックツアー(飛行機+ホテル)のセット割)を一押ししていますが、まず海外航空券だけでもリアルタイムで取れます。で、飛行機だけをとってもそこから一緒にホテルをとりませんか的な案内があり、一定時間ならあとからでも同時予約扱いにできるようになっています。セット割、実は必ずしも最安とはいえませんが、面倒!! 一気にとっちゃいたい! あとからホテルの在庫がなくなったら困るし!! という場合には、DeNAトラベルを利用すると間違いはないでしょう。日本資本(現在はプロ野球チームを持ち、モバゲーを運営しているDeNA。DeNAトラベルはもともとはスカイゲートと言いソニー傘下だったが、いろいろ資本が変わり今に至る。なので長期運営でノウハウを積んでいます)だから、ちゃんとサポート電話もあるのが魅力です(助かります)。ホテルバウチャー、航空バウチャーはプリントして持参しましょう(それぞれホテル窓口、航空カウンターに提出します)

楽天トラベルは、目玉価格の超格安航空券が定期的に出る。ホテルの一部の「一人頭価格」に注意(日本では一人頭が常識ですが、海外では部屋単価が基本!)

rakutentravel
楽天トラベルは、おすすめ航空券欄、NEWS欄にたまにバカみたいに安い航空券があるのです。たぶん年末年始等はチャーター便といって、旅行代理店の客だけを乗せ合うような不定期の飛行機も飛びます。そういうものと、あとはキャンペーンで安い目玉商品としてあえて楽天で値下げするものは、同所で見つかりやすいです。僕は釜山便のJALが往復1万円台で、かつ現地でビジネス?のフルフラットにアップグレードされたことがあります。あれは天国でした。
韓国ホテルもかなり前からリアルタイムで予約ができるシステムだったので安心できます。通常は事前予約していったほうが絶対にいいですが、僕はふらりと韓国に行きがちだったので、前日福岡のフェリーターミナルでや、それこそ当日現地から、楽天トラベルでまず探したりもしていました。そんな急な対応が可能なのも、楽天トラベルの魅力です。実は楽天トラベルは韓国国内にも拠点があるので営業力は強いです(営業車をよく見かけます)。またそのかいあってか、韓国コーナーをじっくり探すと送迎の車も手配可能です。ただ、楽トラのホテルは日本式の価格(1人頭いくら)で設定されていて(それでも同額ならいいのですが)、割高なときもあるので注意してください(韓国は基本は定員までは1室でいくら)。先ほどの僕の例のように空室が当日でも取れるので、リアルタイムな空きを探すのに利用して、実際にとるのは他(海外サイトも含めて)と価格比較してからにすると、安くあがります。まあでも日本のサイトという面では安心できますね。こちらもホテルの予約バウチャー、航空バウチャーをプリントして持参してください。ホテル予約バウチャーの相手に見せる文面にはハングルも入ってるので、フロントの相手が日本語を介さなくてもわかりやすいのは助かります。

エクスペディアは外資系(米国)ながら、日本でCMも打ち、もうすっかりおなじみ

exp
Expediaは、飛行機の値段はコロコロと変わりますが、途中まで予約しようかなと思っていて止めていた旅程も残されていたり、割引が良かったりして一度慣れてしまうと、ついつかってしまいたくなるサイトです。ここがいいのはJCBやVISA、MASTERなどカード会社とのタイアップキャンペーンやマイル系のモールからのリンクで安く買えるのと、あとは、同社の広告によく掲載されているオンラインクーポンでの割引ですね。ネットに結構転がってますのでチェックしてみるとお得に泊まれます。注意点としては、Expediaは、航空はバウチャーではなく独自の予約ページだけが出る形になります。これもプリントして、航空券カウンターに予約番号を見せれば対応してくれます。ホテルにも予約した控えを持参しましょう。
※Expediaでは売り切れまじかのホテルでの「大量押し込み」を聞くので「残り1室」しかない場合は気を付けておいたほうがいいかもです。オーバーブッキングの場合でもたいがいはホテルが調整してくれますが(例えばダブルルームをシングルに転用するなど)、どうにもならず現地で「その部屋ありません」と言われるなんていう例もあるので…。サポートの電話はつながりづらいですが(海外なので)、対応は(たとえば女性のパスポートの名義を旧姓新姓間違えたときなど)僕のときはよくやってくれました。

飛行機とホテルどちらを先に押さえるべきか?

まずざっくりソウル市内のホテル全般で見て指定の日付を入れてみて、概ね泊まりたい単価のホテルの在庫があるなーというのを予め確認して、実際は航空券を先に取る、そのあとホテル、というのがいいかと思います。

大きな学会やK-POP大コンサートで多くのホテルが埋まっていないかだけをチェックする


広告

先にホテルを見る理由かつ取らない理由は、たとえば大きな「学会」や「メジャーなコンサート」でホテルが埋まっているということがないかの確認であり、(個別のホテル自体の在庫も刻々変動しますが)、指定のホテルじゃなくてもいい場合は、特に個別の在庫は気にしないでいいわけです。

航空券は在庫がなくなると、追加がなかなか出てこない

航空券は、在庫なくなっちゃうと、追加はキャンセルでしか出ませんし、時間をずらさないとならないですからね。なので、僕は「ホテル在庫だけ見る」→「航空券を取る」→「ホテルを取る」の順番です。

サウナに泊まる覚悟があるのなら、予めホテルは見ない

ただ、「別にホテルが空いてなくたって、じゃあ(予約サイトに出ていない)ゲストハウスやコシウォンかサウナに泊まる」なんていう上級者は、ホテル在庫見るの省略して航空券から行ってるケースもあります。(サウナは、僕も1度泊まったことがありますが、いびきがうるさいので、眠れなかったです)
飛行機が先を勧める理由はたとえば成田・羽田からなら1時間に数本出てるので全てが売り切れることはあまりないですから後からでもいいのですが、指定時間(たとえば朝発・深夜帰着とか)がある場合は結構な価格変動があるわけです(同じ便であっても安い席からどんどん減る)。地方空港だと、便自体が少ないということもあります。だから飛行機から押さえておいたほうが合理的ではあるんですよね。

現地での交通は、「ホテル送迎」「送迎業者の車両」以外は予約の必要なし

「飛行機」と「ホテル」を取ったら、ホテル最寄駅までの交通機関、あるいはホテル近くまで来るリムジンバスがないかをチェックして、行き方を押さえます。といっても、基本は現地で買う形になるので、乗り場がどこかとか、番号がどこかとか、降りたらどう行くとかそういうのを調べておきましょう。

リムジンバスは、行きは空港のバス券売所で買う。帰りはバス停から乗る

・リムジンバスは、空港に券の販売所があります(仁川空港の場合、外にあります)。行先を言うなり書くなりするか、バス番号を覚えておけば、大丈夫でしょう。
バス停で直接払えるところもありますが、その場合はおつりがいらないように、予め小銭を作っておいたほうがいいでしょう(持ってない運転手がまれにいるので…)

空港鉄道は、のりばの自動販売機で買う

・AREX(空港鉄道)は、当日自販機で買えますし、自販機は日本語切り替えも可能です。そこから地下鉄などに乗り換えれば、ホテルの近くまでは行けますし、あまり近すぎなければ空港鉄道を下りたソウル駅からホテルまではタクシーという手もあります(ソウル駅のタクシーターミナルは車両側も長時間並んでいるので、明洞など近すぎるところは運転手が嫌がります。ソウル駅からタクシーに乗る場合は、行先は遠いところのホテルの場合のみにしておいたほうがいいです)。

空港でのタクシーは、正規の乗り場から整然と

・空港でのタクシーは、正規の乗り場から乗りましょう。乗り場から離れたところにいる怪しい人(日本語が堪能すぎる、交渉してくる等)、白タクは避けておきましょう。乗ったときはメーターが正常になっているか、見えるかに注意。ただ、乗ってしまえば着くので楽です。
空港からの場合、メーター料金に有料道路区間を上乗せされるので、ぼったくりと間違えないようにしてください。正規の請求でも言葉が通じないと、誤解になるので…。だいたい日本円相当額で8000円くらいかかりますが、グループ4人で乗れば安いものです。僕は、帰りはぎりぎりになることが多いので、空港に戻る帰りだけはわりとタクシーにしています。※金浦でも30から50分前には締めてしまう。また仁川の場合第二ターミナルへの移動の電車待ちもあるので、早く入ることを推奨(空港まで1時間とみても、ソウルからは飛行機の3時間前には出ること。ギリでも2時間半)。

自分で送迎車両を手配した場合、あるいはホテル専用バスの場合

・送迎関係車両の場合は、税関の出口でウェルカムボードを掲示しての待ち合わせが多いかと思います。ホテルで送迎を出しているホテル専用バスの場合は、待ち合わせ場所がなくリムジンバス乗り場の近くからの定位置からの出発の場合もあります。出入りが激しいのでバスの絵柄の見分けをし、乗り遅れないように注意してください。

市内移動は予約の必要はなし

このような市内移動は、送迎車両・ホテルが出している送迎車以外は当日まで予約なしで大丈夫です。
あ、あとオプショナルツアーとかは、ホテルあたりにおいてあるパンフレットのものは前日電話または当日参加もできるものが多いですが、ベルトラソウルナビコネストなどであらかじめ先に予約しておいたほうがいいですね。いずれも取り次いでいるだけなので、実際の主催業者は各記事に書かれています。ホテル送迎してくれるオプショナルツアーも多いですが、そうでない場合はロッテホテル集合のパターンが多いですね。

タクシーや地下鉄のシステムは日本に近い

年配には地下鉄は向きません! タクシー推奨、ただぼったくりタクシーには注意

それだけ押さえれば、あとは移動はタクシーや地下鉄でなんとかなります。ソウルの地下鉄も東京並みに上下移動が多いので、年配の方はタクシーで移動されたほうがいいですが、ぼったくりタクシーに注意してください。(正規のタクシーはどういうものかを予め、観光ガイドブックなどで調べておきましょう。ワゴン車の場合偽タクシーもあるので…)観光地の出口で日本語で声かけしてくるようなのは、カモ扱いされる可能性が高いので絶対乗らないように。
大きなホテルから乗るようにすると、問題のあるタクシーに当たりづらいかも。あとは、街中で手を挙げて止める、現地の人が乗ってるような流しのタクシーがお勧めです。

不審に思ったらすぐ下りる

とはいえ、黄色いタクシー(観光用)でも、不正経験者がそれなりにいるのが以前ソウルで問題になったこともありました。何度も同じところをぐるぐるするようなタクシー(※ただし、市内中央部は片車線だったりして迂回が必要な場所もあります)や、妙にメーターが早く回転する(通常でもカタカタと数字は動いていくのですが、明らかに相場よりおかしい場合)、メーターが点滅する(改造の疑いあり)などの場合は注意です。初乗りが安いのでタクシーを利用する率は多いと思いますが、いやな思い出にならないようには気を付けましょう。


広告

タクシーでの行先の伝え方

ちなみに行先を告げるときですが、一部の日本語しゃべれる人以外は基本的に韓国的な発音しか理解しませんので、英語を見せてもあまり意味はありません。ハングルで書いてある文字を見せてあげると、概ね理解するので、ガイドブックはハングル名が併記されているものを。

迷子になったときに助かるので、これだけは必ずもらっておこう

ホテルに入ったら、ホテルカード(ホテルの名刺)を必ずもらいましょう。タクシーで戻ってくるときにこれがあると、もしホテルがわかりづらいところでも、最悪タクシーがホテルに連絡を取るので帰れます。

冬は最低気温はマイナスです!

春から秋はさほど日本とちょっと温度が違う程度ですが、真冬2月までは想像以上の防寒が必要です。かなり厚着をしたほうがいいですよ。ユニクロは現地(明洞など)にもありますし、スポーツウェア系のお店は南大門にも多いので、もし日本からの持参が不足した人はヒートテックを買いに行ったり、防寒具を買いに行ったりしいたほうがいいですね。

正月は?

韓国は正月自体は本格的に祝うのは旧正月です。そのときは、ものすごくお店は休みになります。
じゃあ旧正月じゃなければいいのか、といえ、やっぱりお正月はお正月でイベント等はあります。観光関係のところは、観光客目的でおおむね営業しているかと思いますが、各種休業は以下のサイトなどで確認してください。
年末年始のソウルを楽しもう!(ソウルナビ)(※ポスト時点ではまだ去年版が掲載されていましたが、まもなく更新されると思います)
あとは「韓国観光公社」が元旦の営業情報をニュースで年末30日くらいになると出すことがあります。
それではよい韓国旅行を。

NO IMAGE

韓国チケットを取る前に、このページをチェック

韓国旅行、行く場所は決まってるけど、より安い航空券を探したいな…という人におすすめなのが横断検索サイト。といってもさまざまな横断検索サイトがあるので、以下のリンク先で、使い方をご案内します! 安いチケットとって経済的にも助かろう!