ただいま移行中につきメイン画像が表示されておりません。また若干使い勝手が悪いかと思いますが、近く直しますのでお許しください…

GWのNo.1外国旅行(関空)は10年連続韓国!こういった連休などのチケット手配の裏ワザや、やはり連休なかなか借りづらいWi-fiルーターレンタルの裏ワザは!?

この記事は3年以上前の記事です。情報は初出当時のままで古い場合がありますのでかならず最新情報をお確かめください。

lgi01a201407292200

関西では、韓国旅行、案外人気あるってよ


広告

GWに出かける外国の1位は10年連続で韓国(※関空の場合)だったそうです。テレビでやってました。案外、世の中では厳しい評価なのかなと思っていましたが、そうでもないんですね。新関西国際空港株式会社としての連休予測では韓国に1日4200人の渡航を見込んでおり、前年比20%増だそうですから、まあマイナスというわけでもなさそうですね。データとして関空ソースであれば恣意的なものもありえないでしょうし。
実際のところの理由としては、関空から韓国へは、LCC便を中心に関東からよりも大幅に安いんですよね。週末旅行で全然行きやすいということがあるんです。
もちろんマイナス報道もあって、夕刊フジではJTBのGW期間の旅行見通しでは韓国は11.8%減を見込んでいるという記事も出してました。一方で全国的に見ればそういう視点もある意味では正しくて、観光の減少傾向も事実だと思います、それがチケットが取りづらいGWだと「あそこはきっと混んでない」「きっと安い」という希望観測にも変わっていて、それで実際にはGWで取る人が多いんでしょうが、やはり偏らない両方の視点で物事は確認することは大切なのかなと思います。
筆者もGWは韓国に出かけます。なぜなら、やはり全体に安いこと、チケットが取りやすいこと、距離・時間的なコストパフォーマンスの高さにほかならないのですが。結構高いチケットで行かれている方もいるかと思います。また、実際に手配してわかることなのですが、GWの韓国はWi-fiレンタルも不足しがちです。そのへんもうまく安く手配する方法をお教えします。

韓国行きエアチケットはこうやって手配すれば安い

・日時に余裕があるなら、夜便出発または朝便帰着で、そのかわり滞在の日数を伸ばせば不満なし
たとえば朝出発夜帰着の4日間・3日間はスタンダードに人気なので、便数が多い社のフライトじゃないとなかなかエアチケットを安く手に入れることが難しいですね。しかし、不利な時間帯(夜便出発や朝帰着)便を使うことにより、値段が安く済むことが多くなるんです。ただし、たとえば3日間の旅行でそれ(不利な時間帯)を使うと中が1日しかなくなっちゃいますよね。そういう場合は行き・帰りの日程を半日ほど旅行予定日の前後に食い込ませることで、形式的には5日設定になりますが、3日フルに使うことができます。
簡単にいえば下の通りです。
例えば 土・日・月 で行く場合 
理想的なチケットは 土曜朝発-(ソウル土・日・月の大半フリー)-月曜夜帰国 だとフルに使えますが、
妥協チケットだと  土曜夜発-(ソウル日曜フリー)- 月朝帰着 となってしまいますよね。
その場合は 金曜夜発-(ソウル土・日・月フリー)-火曜朝帰国 にしたりすると、チケットのデメリットがあまり感じなくなるわけです。
・旅程をチケットの安い時期にあわせる
これは、専業主婦とか学生とかフリー、無職、あるいは有給休暇を自在に取れるポジションでないと難しいのですが、特に女性同士の場合などは平日の旅行もわりと多いのではないでしょうか。
たとえばチェジュ航空とかは需要予測の変動料金です(韓国便じゃないところだとジェットスターなどもそんな感じですよね)。1週間通しの運賃を確認すると、あら?と思うほど安い日があります。また、各航空会社でも、主に暇な時期や、超先行予約的なものにおいて格安キャンペーンをしている時期があり、特定時期だけ半額以下の格安チケットが出るということもよくありますよね。そういうのにあわせて日程を組むと、お得です。
・空港をずらす
僕のパターンなんですが、たとえばチェジュ航空の成田便が埋まってて取れない!という場合、思い切って名古屋発から乗ってしまうのです。都内からなら品川から新幹線で1万円くらいですし、ぷらっとこだまを使えばもっと安くもできます。名古屋から乗ってもそっちのほうが(成田・羽田でJALやANA、大韓・アシアナなど大手のシーズンで高くなってるチケットを取るより)チケットが安いこともあるんですねえ。周遊チケット(2箇所以上のポイント)にすれば、往復同じ会社ならそんなに高くならないんですよね。帰りは成田まで戻ってきます。
同じパターンとして例えば名古屋で埋まってたら、東京まで来るとか、逆に関空まで行くとかといった手も使えると思います。
これ、同行者は「どうか」って思いますから相手によりけりですが、空港の場所を変えると案外空いてたりするので、連休や、なんか大きな学会やスポーツイベントがあって混むみたいな時期などに覚えておいてください。


広告

Wi-fiレンタルも混む! そんなときに使える裏ワザ

なんとたとえば韓国データ(グローバルモバイル)は大人気で「(2015年は)5月2日まで、および5月12日から5月17日の期間にご出発の韓国データはご予約ですべて一杯」という状況になってました(2015年4月29日現在)。また、当サイトが比較的おすすめしているグローバルWi-fiも、安いほうのプランは特定の空港受取や宅配でも品切れで、高いほうの「LTE大容量」を選べ、といわれる状態でした。しかし、LTE大容量だと日あたりのコストがドカンとあがってしまいます。
今回、グローバルWi-fiを借りたかったのですが(※JCBなどで安く借りれるため)どうしても安いほうのプランで借りたかったため、裏ワザとして編み出したのは、宅配や特定の空港受け取りでの安いほうのWi-fiルーター在庫ないってことは、それ以外の場所での他の在庫はあるってことで、じゃあ「韓国受け取り・韓国返却」での申し込みをしてみたら在庫が出てきました。韓国現地用の在庫は別にあるってことですね。
これは、意外に穴でした。
他の時でも、空港受け取りで在庫なし、とか言われる場合は、宅配にするなど(逆の場合もあるかと)、設定を変えると在庫が出てくることもあると思いますので、試してみてください。
他社の場合も、人気プランでないほうのレンタルを選ぶとか、韓国の空港に入っている韓国国内受取のWi-fi業者あたりにするとか、いろんな手がありますよ。