mbcmini


韓国のTVとラジオはかなりネットに転用されているので、「韓国のテレビ」あたりのワードでgoogle検索するだけでも、いくつかWeb上で日本でも見られる掲載サイトがひっかかります。

かつてはなかなかテレビ放送を見るのは難しかったのですが、海外(日本)でもネットの力で受信しようと思えばできるケースも多いです。ただネットから見られるのは多くは地方局で、ソウルの局は受信NGというケースも多いです。公式にはOKしてないからでしょうね。でもたとえばアメリカや中国のTVを見られるというサイトやアプリに行くと、実際には「多チャンネル」の一貫なのか、あるいは韓僑のことを考えてか、なぜかでソウルの局も見られるというケースがあります。かなり黒に近いグレーですけど。

韓国の地上波主要局は KBS(国営) MBC(文化放送) SBC(ソウル放送)の3局で、ドラマ制作もこの3局が殆どですね。ドラマスタジオのテーマパークを運営したりして、それなりに力もあります。というか圧倒的なコンテンツ力です。HPでは会員登録システムがあったりして、HPでは一部日本向けのコンテンツサービスもあったりしますし、一部の番組は録画で見られたりします。

これら3局が韓国国内では電波を何波か出している他、YTN(ニュース専門)やらEBS(教育放送)やらありますが、実は、あちらで強いのはM-netをはじめとしたケーブルの局たちです。M-netは音楽チャンネルで、日本でもスカパー!プレミアムサービスで日本向け編成を見ることができます(下のリンク)

が、あちらではたまに地上波以上の視聴率を取ることでも有名です。ケーブルは日本以外のアジアでは殆どがそうですが、チャンネル数が半端なく多いのですが、韓国でも普及率が高く多くの家庭で見ることができます。

ラジオは、FM、AMなどありますが、日本で聞くのにおすすめなのが、アプリ経由ですがiPhone・アンドロイドアプリの「MBC Mini」でMBC系のFMラジオ数局を聞くこと。簡単に聞けちゃいますよ(3局あるんですが最近は2局同じ編成になっていることが多いです)。特に登録もないんで直感的に受信できます。なお、常時通信となってしまうため、Wifiでの受信を推奨。

話は戻って韓国のテレビ各局ですが、よくあるK−POP番組の番組観覧要項についてはこちらにまとまっています。意外と外国人・旅行客に門戸開いてるかも。

(音楽番組の観覧方法−KONEST)

最後に注意:スマホで韓国のTVなどが見られる非公式アプリもいくつかありますが、まれにウィルス・アドウェア類がある場合があるので必ずセキュリティソフトを併用されることをおすすめします。

 

【PR】韓国コンサートチケット(ヤフオク!)  

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...