75078962_s

しばらく、北朝鮮情勢も悪くなってきており、その影響で日本の報道機関も韓国の安全に関するきつめな報道が多くなっていましたので、読者の皆様の安全を第一に考えて行きたい当サイトでは更新を控えておりました。

情勢は良化しているとはいえないのですが、大統領がやや北との融和政策寄りといわれている文在寅(ムンジェイン)になり、そういう面では韓国自身が攻撃されるリスクはやや下がっているとも観測できます。ただ、挑発が予断を許さないことは事実で、アメリカの姿勢次第では、アメリカに守られているという体になっている日本や韓国の米軍基地等は何かある可能性はなくはないですから、リスクは抱えていることは確かです。

それでも行く人は行く


北朝鮮の挑発もあって気にする人は行かなくなってますが、逆にそんなの関係ないとばかりに行っている人も結構います。たとえばK-POP好きでも有名なお笑いの森三中黒沢さんと椿鬼奴さんがこの間インスタに、休みの日程があったので(プライベートで)韓国に行ったと上げていました。

飛行機の便数が多く、かつ昨今のそれの関係で混まないので、わりと唐突な旅行でもなんとかなるのですよね。まさに忙しい芸能人向きです。

ただ、昨今の(北の挑発)状態については不安に思う筋もいるでしょう。家族や両親と同居しているような場合で周囲の理解が得られない人は特に旅行の計画は難しいと思いますが、一人暮らしなど、ご自分の判断でなんとでも出来る大人なら、自己責任で行けます。正直、韓国旅行は基本3泊4日か2泊3日です。ということは、たかだか4日間。その間に何かあるか? といったら無い可能性のほうが圧倒的に多いわけですから。

ただ、周囲が知らない場合に心配しないようにさせる必要はありますよね。電話のローミングで韓国に電話転送されちゃうと、(つながらないときに)ハングル音声が流れちゃいます。
それで不安に思われちゃうとよくないですから、むしろ電話はローミングせず国内で、無条件留守電にしておいて、あとで確認し、折り返しこちらからかけたりするようにしたほうがいいかもしれません。(現地でのレンタル携帯もありますし…)。

てるみくらぶ破綻があってから、旅行代理店のツアーより個人手配にする人も増えた


2017年春先、韓国旅行も特にお安かった旅行代理店のてるみくらぶが破産し、9万人が影響を受けました。韓国ならせいぜい1人数万円(の被害)ですが、海外挙式や、ヨーロッパツアー等では(団体で数人で)100万や200万円を預けていた人も多かったようです。現金払いの人はわずか1%程度しか返金されないとか(カード払いはカード会社によって補償されるところとされないところに分かれました)
これで、現金オンリーのところや、そうじゃなくとも中小の旅行代理店のツアーを避ける傾向が多少出てきました。
どうしても企業破たんリスクを負いたくなければ、上場企業系(交通機関系の代理店など)のところを利用するのが安全ではあります。しかし、たとえば、てるみくらぶと業態的には似ていた格安旅行系の「旅工房」というところがあるのですが、てるみの事件直後に(たまたまなってしまったのですが)こちらも上場しています。資金調達できたところ(旅工房)と破綻したところ(てるみくらぶ)、明暗を分けていますが、そこまで「旅工房」の株式評価にはてるみの影響はありませんでした。2017年6月現在では株価はゆるやかに下降をしていますが、株価が超急落でもしない限りは、同社はまだ大丈夫かと思います。

が、そもそも(「てるみ」破たん時のようにほとんど補償が入らないのであれば)あえてツアーにして旅行代理店を挟む意義がないと、代理店ツアーを使わず個人チケット手配にする人も増えてきました。個人発券でも、上場している所(楽天トラベル=楽天、じゃらん=リクルート、DeNAトラベル=DeNA等)ならそんなに問題は出ないと思います。それによるクレジットカード払いのほうがリスクも少なく、今回のてるみくらぶ破綻時に返金をしてくれたカード会社を利用されたほうがいいかと考えられます(このへんは公的な発表がないので、個人の話のため真偽はありますが、ツイッターやネット検索で確認して下さい)。

いまの時期の韓国旅行、不安なら釜山へ


釜山は半島の南端にある韓国第二の都市ですが、港湾都市で芸能人がいるわけではないので、食や韓国そのものへの興味がないとなかなか行かないかと思いますが、こちら福岡などからかなりの本数の飛行機や船が出ています。JR高速船に乗れば、飛行機にのらずに釜山まで渡れるのです。ということは、距離的に北朝鮮に近いソウルよりはかなり離れていますし、日本と韓国の間の交通もかなり充実しているので、あえて今の時期、ソウルを不安に思うのであれば釜山もオススメです。西面にはクラブもありますし、観光やショッピングは充実しています。また釜山からはKTX(韓国の新幹線的なもの)を使えばすぐソウルにも行けますし、日帰り〜1泊をソウルで、あとは釜山といったパターンも可能です。何かあっても南端なので、比較的リスクは低いかと思います。なによりもさきほどのソウルのように「福岡にメインで旅行して、ついでに1日〜1泊を釜山」みたいなパターンもできるので、国内旅行のような体で上陸してしまうこともできるというのが可能なのがありがたいです。

といった感じで、こちらもこの韓国旅行ブログ(激安・格安 韓国旅行)について、様子を見ながら再開をしていく予定です。実際、サイト更新を止めていた時期も、アフィリエイトから旅行の申し込みはちょくちょく入っておりまして、やはり慣れている人は気にしないのだなあと思うのです。なかなか海外には出づらい雰囲気もあることから、インスタ映えする「チーズタッカルビ」ブームでなぜか再燃している新大久保や大阪の韓国街・鶴橋あたりで妥協している人も多いかもしれませんが、このサイトを見ているような人は、やはりいつか向かいたい思いは強いと思いますし、いままでも、そしてこれからも、これら地勢的なリスクを含めて韓国に様々な思いを馳せているのではないでしょうか。いままでも幾度となく緊張と緩和を繰り返してきたのは北もそうですし、日韓関係もそうです。アジアにいるとここしか見えないので、日本が特別な環境のように考えがちですが、ヨーロッパでもどこでも隣の国同士はさまざまな問題を抱えているものですから、別に特別なことではないのです。
早く緊張が落ち着いてみんなが様々に楽しめるようになって欲しいものですね。

いま旅行に行く人は、いざという時に在外公館から緊急時情報提供を受けられる「たびレジ(外務省海外旅行登録)」というものに登録しておいたほうがいいです。https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/

写真:shinobi34 / 123RF

 

【PR】台湾・韓国で高速LTEで容量無制限が480円!  

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...