a1560_000012
写真/足成

韓国旅行は、たとえば最近、大阪の(国際線の窓口である)関西空港ではLCCが台頭してきて圧倒的なシェアを持ち、韓国ソウル便に限っては、通常のJALやANAが(今後)ほぼ休止状態だとか…。

ちょっとの差で半額になるならLCCを選ぶ!


そのくらいLCCの安さと便の多さは通常の航空会社にも影響を与えるのですが、僕も(韓国便ではないですが)LCCのジェットスターとか使って札幌とか大阪に行ってみたら、ピッチがわずかに狭い以外は意外と快適で、ほぼほぼ半額で済むならこれで毎回いいかなーと思ってしまっています。(機材の遅延による定時運航率とかの問題はありますが…)

いままでは羽田をメインに使ってた人も、LCCが増便することで成田も併用


東京では羽田空港便のほうが便利がよいことから、成田空港発の便は空港まで都内から「距離がある」ことからやや敬遠され、そのかわり格安で乗れたというのがいままででした。その成田空港も4月8日からは、LCC専用ターミナルができることで、劇的に環境が変わります。

正直、LCCの専用のりばというのは、できるだけ簡略化されたものとなり(地上から乗り降りするなど)、その代わりに航空会社が空港に払うお金も格安に…なるというものです。なので、すごくイケた感じにはならないですが、各LCC航空会社にとっては、出費も抑えられて、結果的には値段も下がるためいいのです。近隣ホテルでもLCCターミナルにあわせて宿泊プランが出されたり、リムジン以外の民間バスが1000円あるいは1000円切り程度で東京駅近辺から運行したりと、「成田は別にいいけど高いじゃん」という状況からも抜けつつあります。

まずはチェジュ航空がT3(ターミナル3)入り


東京あたりから韓国に行くもの(LCC)は、イースター航空、エアプサン、チェジュ航空などがあります。韓国系のみならず、日本のLCCでもバニラエアがあります。通常の日本の航空会社でANA、JAL、韓国系で大韓、アシアナがあったわけで、LCCと通常のもの合わせた状態のいまでもかなりの過当競争ですが、確実にあるのは就航時のキャンペーン等でしょうし、安価化もすすみます。安くなたっときに有利なのは圧倒的にLCCです。ですので、これからはLCC利用が進むことが予測されます。
成田空港のターミナル3には、本来5社が入る予定でしたが、実際には4社が入っています。韓国便はまずはチェジュ航空が入りますが、集客環境次第では他の航空会社も入ってくるでしょう。せっかくLCCターミナルがあるのに入ってこない航空会社がある理由は、やはり遠いT3よりも便利な場所で受け付けられている場合のようです。

15分かかっても問題ない!


使う側としては、第三ターミナルって遠そうだなあ…とは思いますが、成田まで行ってしまうなら(そこから若干距離があっても)ほぼほぼ同じことなので、気にはなりません。LCC自体、大手に比べて時間にはシビアですし、遅刻して行くような人はあまりいないので、ほぼほぼ、LCC使用で問題はないでしょうね。そもそも韓国便などは2時間半程度のフライトですから、時間を潰すものさえ持参すれば別に機内TVがなくても、機内食がなくてもあんまりは困らないですから。

そして、韓国便であえてANAやJAL、アシアナや大韓を使う人は比較的お金がある人たちになっていくのでしょう。関空みたいに(メジャー便が廃止に)ならないといいけど…

成田空港ターミナル3で気をつけたほうがいいこと


・15分歩きます。途中は特にエアコンのない、屋根だけあるような吹きさらしの外廊下エリアを長距離歩くことになります。そのため、薄着すぎるとつらいかも(真夏は逆に汗かくかも)
・時間に余裕を持って移動しましょう! ギリギリだとひたすら走るということになります!
・荷物が大きい場合ですが、かなり長距離移動するので、歩きづらくなるため、空港にあるカートをもってきたほうがいいかも
・乗るときなど、少し濡れる可能性もあるので雨の日は傘(できれば折りたたみ)などあったほうがいいかも…

成田空港ターミナル3がLCC向けになっていていいこと


・LCC利用のため、ソファ等はフラットで一応仮眠もできる仕様になっています。混んでいる時間はできるかわかりませんが…。
・フードコートエリアがあり、まるでイオンモールにでもいるかのように食事をとることができます。
・テナントもそれなりにあります。

 

【PR】台湾・韓国で高速LTEで容量無制限が480円!  

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...